福井にある大学生の賃貸物件に宅配ボックスがついている利便性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、福井の賃貸物件にも宅配ボックスが設置されていることが多くなっています。この宅配ボックスというのは、受取人が留守の場合などに、宅配便や郵便物を受け取ってくれるロッカー型の設備のことを言います。郵便物や小荷物などは通常、突然送られてきます。こんな場合、自宅であれば、留守の時は受け取ることができません。そうすると再配達してもらうか、自分で取りに行くことになります。しかし、宅配ボックスであれば、在宅であるか留守であるかに関係なく、そのボックスに入れてくれるので、上記のような手間はなくなります。これは常に帰宅が遅くなる人や、インターネットでの通販を利用する人にとってはとても便利なものだと言えます。そのため、近年ではアパートやマンションなどに導入されることも多くなっています。

宅配ボックスのメリット

福井の大学生にとっても、宅配ボックスは大きなメリットがあります。まず、不在でも荷物が受け取れることです。医学部や理科系の学生は、実習や実験なども多く、時には帰宅が遅くなることもあります。帰宅時間を気にすることなく、いつでも自分の好きな時間に受け取れることは大きなメリットと言えます。
次に、再配達がないので、従来の戸別配達のように家で荷物が来るのを待つ必要がなくなります。宅配ボックスがない場合は、不在通知を受け取ったら、時間指定をして再配達してもらうことになりますので、その間は出掛けることができません。講義や実験などで忙しい学生にとっては、大変な時間的ロスと言えるでしょう。
このように便利な宅配ボックスですが、入れられないものもあります。生ものやチルド便、あるいは冷凍便は入れることができません。また、書留郵便もだめですし、代引きのものや送料着払いも入れられないので、この点は留意しておきましょう。

宅配ボックスの種類

賃貸物件に設置されている宅配ボックスには二つの種類があります。一つ目はダイヤル式であり、鍵が3桁から4桁の番号になっています。この番号は配達員がその場で決めて、配達物をボックスに入れます。そして設定した暗証番号を記載した紙か書類を、所定の部屋の郵便物投函口に差し入れることになります。二つ目は液晶パネル式です。これは配達員が音声に従って液晶パネルを操作し、荷物をボックスに入れておきます。その後、受取人は固定の暗証番号を入力するか、磁気カードを使って配達物を受け取ることになります。
宅配ボックスは様々な点で便利であり、学業に専念したい大学生にとっては、アパートあるいはマンションに付属していると、とても便利だと言えます。

ピックアップ記事

賃貸物件に風呂は必要?福井の大学生のための物件探し

大学生の賃貸物件に風呂付が必要かどうかは、その物件がどの程度の家賃なのかによります。風呂付であれば、当然家賃は高くなります。高級マンションに住むだけの仕送りがあるのなら別ですが、たいていの学生は少ない...