IT重説が便利!福井の大学生が賃貸物件を申し込むには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、福井の大学生に限らず賃貸物件を申し込む際、IT重説が解禁になりました。IT重説とは、テレビ電話などのようにITを使って賃貸借契約の重要事項説明を行うことです。従来ではこの重要事項説明は、対面して行われることになっており、必ずしなければならないものでした。しかし、2017年10月よりパソコンやテレビなどを使って、対面して行うのと同じように質疑応答などができる環境であれば、この重要事項説明が許されるようになったのです。これであれば、福井在住の大学生も賃貸物件の契約において、このIT重説を使った重要事項説明を受けることができ、とても便利になったと言えるでしょう。

重要事項説明とは何か

重要事項説明とは、売買契約や賃貸契約の際に、その契約に関する重要な事項の説明を買主や賃借人に対して行うことです。通常、この重要事項説明は宅地建物の取引や保険の販売、マンションの委託契約などで行われます。
まず、重要事項説明は契約前になされます。この説明を受けることで、賃借人は借りるかどうかの判断をするわけです。契約において起こる多くのトラブルは、この重要事項の説明を聞いたかどうかに関わっています。「話した」「聞いていない」というトラブルを避けるために、不動産業者から重要事項の説明がなされ、それに対し賃借人は聞いたことの確認の意味で押印することになります。
福井での物件を賃借する場合、宅地建物取引業をしている不動産業者の中の宅地建物取引士がこの説明をしてくれます。因みにこの宅地建物取引士は国家資格であり、この資格を持つ者以外から説明を受けても意味はありません。詐欺などを防ぐうえでも、説明の前にきちんとこの資格の有無を確認しましょう。

IT重説のメリット

従来、重要事項説明は対面でのみ許されていました。しかし、これがITでも可能となったのですから、これだけでもメリットと言えるでしょう。つまり、対面しなくてもスカイプなどのビデオ通話を使用して、重要事項説明ができるということなのです。これはわざわざ不動産会社に行く必要がないことを意味しています。自宅にいながらスカイプやLINEのビデオ通話を使って契約をすることができるわけですから、とても便利と言えます。
通常の契約の場合、良い物件が見つかったら申し込みをします。その後、不動産会社の方で審査をしますから、申込者はいったん帰宅します。そして、審査が通過したら申込者は再度不動産会社を訪ねて重要事項の説明を受け、その日に鍵を渡されることになります。つまり、従来の方法だと申し込んだ後、再度、重要事項説明を聞くためだけに不動産会社を訪問しなければなりません。これは、遠方からの引っ越しなどの場合は、とても負担になります。また、せっかく遠方からきても、重要事項説明を聞いた段階で心変わりすることもあります。しかし、遠方の場合には、契約をやめて振出しに戻ることはしづらくなってしまいます。これがIT重説の場合には、申し込んだのち帰宅し、後日自宅にいながらビデオ通話で重要事項の説明を受けることができるので、その時点で断ることもできますし、再度訪問することも必要なくなります。
以上のようにIT重説はとても画期的で便利な方法です。しかし、どの不動産会社でもこのIT重説を利用できるわけではありません。ですから、福井に移住する際は、その不動産会社がIT重説を採用しているかどうかも、物件選びの大きなポイントになります。

ピックアップ記事

賃貸物件に風呂は必要?福井の大学生のための物件探し

大学生の賃貸物件に風呂付が必要かどうかは、その物件がどの程度の家賃なのかによります。風呂付であれば、当然家賃は高くなります。高級マンションに住むだけの仕送りがあるのなら別ですが、たいていの学生は少ない...