愛知の分譲住宅関連情報

HOME分譲住宅と注文住宅の違い

最終更新日:2017/09/08

分譲住宅と注文住宅の違い

曇り空と住宅

よく比較される分譲住宅と注文住宅。どちらにもメリットとデメリットを持っているため「こっちの方が絶対に良い!」というものはありません。結局のところ、購入する側は、このメリットとデメリットをよく理解した上で、比較し選択をしていくしかないということです。では、実際のところ、どのような違いがあるのか?について、以下よりまとめていきます。

■好きなデザインvs決められたデザイン

注文住宅と呼ばれるぐらいなため、家のデザインは好きにすることができます。もちろん建築法に則った自由度ではありますが。とはいえ、間取りも好きにできますし、外壁も好きになデザインを選ぶことができます。例えば、最近ではガルバリウム製の外壁がメンテナンスフリーになり人気を集めているため、好んで採用する人が多いようです。
しかし、分譲住宅では、この手のデザイン決めは一切できないと理解しておいた方がよいです。特にデザインに拘りがないという人であれば、注文住宅はただただ面倒な作業の連続となるため、業者に任すことができるという大きなメリットがあります。家を購入するとき、何処に重きを置くのか?によって、選択肢は変わってくることは言うまでもありません。

■値段が高くなる傾向vs安さが最大のメリット

注文住宅は、好きなデザインにするため、どうしても値段が高くなってしまう傾向があります。例えば「フリーリングは絶対にNG!無垢材で床を作りたい!」となるだけで、一気に値段が高くなってしまいます。キッチンも某有名メーカーの素晴らしい機能が装備されているものを選択すれば…言うまでもありません。ただ「そこにだけはお金を掛けたい!」という気持ちも強いため、お金の価値観で言えば、人によっては安いものと感じるかもしれませんが。
ともあれ、注文住宅は好きなデザインを選ぶことができるだけあり、値段が高くなる傾向。対して、分譲住宅は、材料費などは全て安く手に入れることができるため、自由度はありませんが安く購入することが可能です。

■土地選びから始めるvs土地も建物も決定済み

注文住宅の場合、土地を探す工程から始めないといけないケースが多いです。言うまでもなく、この土地探しというものはなかなかどうして大変なもので…これだ!というものが出てきません。出てきたとしても、しっくり来なかったり、単価が高すぎたりで、購入までいけないことが多いわけです。結果、時間を使ってしまい、疲れてしまった結果、適当に選んで後悔…ということも、よくある話。もちろん、この土地探しも凄く楽しいと感じながら進めていく人もいらっしゃいますが。分譲住宅は、既に土地も用意されており、同時購入となるため、こういった悩みは全く抱える必要はありません。

一覧はこちら

愛知の分譲住宅ランキング

TOP